千葉で労働災害(労災)補償の法律事務所 市川、船橋、津田沼、成田の弁護士

千葉労働災害相談市川 津田沼 成田 かしま 弁護士法人リーガルプラス

相談予約はこちらまで 市川0120-006-078 津田沼0120-272-273 成田0476-20-3031 かしま0299-85-3350

  • HOME
  • 事例
  • 弁護士紹介
  • 労災事故補償への思い
  • 弁護士費用
  • アクセス

労働災害の被害者が会社から適正な補償を得られるよう、弁護士がしっかりとサポートします。 被害者側代理人として、労災保険手続や会社との交渉などを進めます。 詳しくはこちら

会社の対応に少しでも疑問を感じたら、あきらめないで早い段階で弁護士にご相談ください。

・労災で後遺障害の認定を受けた方・ケガや病気の内容を考えると、労災保険の給付額が少ないと思う方・労災による補償の具体的内容を弁護士に相談したい方・自分や家族の労災について、会社の責任を追及したい方・労災に遭ったが会社が労災保険手続きを進めてくれていない方・重大な労災で働けなくなってしまったが、しっかりと補償を受けたい方

すぐにリーガルプラスの弁護士へ無料相談を!補償金の増額に向けて活動します!

顧問料無料プランあり! 詳しくはこちら

労働災害問題でお悩みの方へ

仕事中の不注意、機械の操作ミス、現場での連携不足などで、労災事故が起きてしまうことは少なくありません。
労災にあってしまうと、被害者は突然の入通院や身体の機能障害などが起こり、日常生活に大きな支障が生じてしまいます。
また、労災によって、被害者の精神は非常に大きな苦痛を受けることになります。
事故後、まずは労働基準監督署へ労災保険の給付手続きを進めることになります。
多くの労災では、安全管理体制や現場での安全指導を怠ったとして、会社に損害賠償の義務が認められま

す。
もっとも、会社の責任追及や具体的な交渉など、法律専門家ではない一般の方が自分で交渉をすることは難しいでしょう。

労災は交通事故などと比べると責任の発生基準や損害賠償の適正額の知識が広まっていない印象を受けます。
リーガルプラスの各事務所(千葉の市川、津田沼、成田、茨城のかしま)にご相談に来られる方も、「慰謝料請求できるのかどうか」や「会社に対していくら請求できるのか」、「今後どうしたらいいか」といったご相談が多いといえます。

労災に関して、弁護士にご依頼いただくことで、会社側に責任があるのかどうかを判断し、事業主と対等に交渉することが可能です。弁護士にご依頼いただければ、会社との交渉を弁護士に任せることもできます。労働災害に遭われた場合には、その後の生活のためにも、適正な補償を受けられるよう、早期の段階から専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

代表弁護士からのメッセージ

日本では、年間約12万件の労災事故が発生しており、千葉県では年間約5000件の労災事故が発生しています。
特に、千葉県は、市川市、船橋市、習志野市、千葉市などの京葉工業地域を抱えています。
日々、多くの方が工業地域で働いています。
千葉の労災事故の中には、会社が十分な安全対策を整えていなかったために発生したものが多くあります。
そして、被害者やご家族が、労災保険の給付のみとされ、会社から十分な補償を受けていないケースもあります。

労災は交通事故と比較すると、会社の責任追及ができるかどうか、適正な会社の賠償額はいくらか、といった点について、社会的な認知はまだまだ低いといえます。
労災にあった場合、早い段階で専門家である弁護士への相談をお勧めします。

私達リーガルプラスの弁護士は、千葉で働き、千葉にお住まいの個人の方が業務中に労働災害に巻き込まれた場合、しっかりと正当な補償を受けて欲しいという思いがあります。
労災被害者の代理人として、会社に対して適正な補償を受けられるよう、尽力いたします。
リーガルプラスは千葉を中心に活動しており、県内に複数の事務所があります。
対応エリアは、市川、船橋、津田沼、習志野、佐倉、成田、神栖、鹿嶋です。
相談料は無料ですので、お気軽にお問合せください。

回収せずに放っておくと、時効になってしまいます

  • 適正な労災保険手続き
  • 会社に対する正当な補償の請求
  • 専門家による対等な交渉・補償獲得

発生から解決までの流れ

事故発生

業務中に事故にあわれたら治療を最優先してください。また業務中や通勤途中の事故の場合には、警察や保険会社へも連絡する必要があります。事故発生時の事実関係を把握しておくことも重要です。

労災保険給付申請

事故が起こったら労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をする必要があります。会社が労災の申請をしない場合は労働基準保監督署や専門家にご相談することをお薦めいたします。

会社との交渉

会社側が提示する賠償金額が明らかに低い場合や、事故の責任を全否定し賠償金の支払いに応じてこない場合があります。弁護士に依頼をしていただくことで、事業主との対等な交渉が可能になります。

裁判手続き

会社との交渉が成立しない場合には、裁判によって最終的な賠償金額を争うことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。

解決

会社との交渉・裁判によって、労災に遭われた相談者の適切な賠償金の獲得を目指します。

顧問料無料プランあり! 詳しくはこちら

後遺障害が認定された場合、高額な補償金を受けられることがあります。

※上記はあくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

詳しくはこちら

私たちが支持される5つの秘密

  • 相談・着手金無料
  • 地域密着
  • 労働災害専属チーム
  • 出張相談
  • フルサポート